【エレン・バースティン/ナナ役】1932年生まれ、アメリカ・ミシガン州出身。1975年、ブロードウェイの「Same Time, Next Year」とマーティン・スコセッシ監督『アリスの恋』(74)で、史上3人目となるトニー賞とアカデミー賞を同時受賞。『アリスの恋』ではゴールデン・グローブ賞候補にもなり、英国アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。『ラスト・ショー』(72/ピーター・ボグダノヴィッチ監督)、『エクソシスト』(74/ウィリアム・フリードキン監督)、『セイム・タイム、ネクスト・イヤー』(79/ロバート・マリガン監督)<未>、『レザレクション/復活』<未>(81/ダニエル・ペトリ監督)、『レクイエム・フォー・ドリーム』(00/ダーレン・アロノフスキー監督)で5度アカデミー賞候補に挙がった。また、ゲスト出演した「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班(シーズン10)」(08-09)で初めてエミー賞を受賞し、アカデミー賞、トニー賞に加えての3冠に輝いた。最近の出演作には、『ドラフト・デイ』(14/アイヴァン・ライトマン監督)、『インターステラー』(14/クリストファー・ノーラン監督)、『アデライン、100年目の恋』(15/リー・トランド・クリーガー監督)など。また、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(13-)の第4シーズンと、「Mom」(13-)にも出演している。