【キーラン・カルキン/ブランドン役】1982年生まれ、アメリカニューヨーク州出身。7人兄弟の三男として生まれ、俳優のマコーレー・カルキンは兄。デビュー作品は、ジョン・ヒューズ製作の大ヒット作『ホーム・アローン』(90/クリス・コロンバス監督)で、主人公のいとこのフラー・マカリスター役。主な出演作には、『花嫁のパパ』(91/チャールズ・シャイア監督)、『花嫁のパパ2』(95/チャールズ・シャイア監督)、『マイ・フレンド・メモリー』(98/ピーター・チェルソム監督)、『シーズ・オール・ザット』(00/ロバート・イスコヴ監督)、『ミュージック・オブ・ハート』(00/ウェス・クレイヴン監督)、『サイダーハウス・ルール』(00/ラッセ・ハルストレム監督)、『17歳の処方箋』(02/バー・スティアーズ監督)、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(11/エドガー・ライト監督)では主人公のルームメイト、ウォレス・ウェルズを演じて高い評価を受けた。